ホーム伊勢物語 ⇒ 伊勢物語 第23段 筒井筒 現代仮名遣い

伊勢物語 第23段 筒井筒 現代仮名遣い

Sponsored Links
「伊勢物語」 第23段 「筒井筒」の全文・「ひらがな」の「歴的仮名遣い」と「現代仮名遣い」です。

現代仮名遣い(表記)=青色表示【】内に記載。
読み(発音)=橙色表示《》内に記載。

■現代仮名遣いのルールが分からない人は、下記サイトのページでマスターしてね。
《⇒現代仮名遣いのルール》

■現代語訳・品詞分解や語句・文法などの解説は下記サイトからどうぞ。
《⇒解説サイトへ行く》


伊勢物語 筒井筒

作者=「未詳」 ジャンル=「歌物語」 成立=「平安時代中期」


◆昔、田舎わたらひしける人の子ども、井のもとに出でて遊びけるを、大人になりにければ、男も女も恥ぢかはしてありけれど、男はこの女をこそ得めと思ふ。

昔(むかし)

田舎わたらひ(ゐなかわたらひ) → 【いなかわたらい】



ける

人(ひと)



子ども(こども)

井(ゐ) → 【い】



もと



出で(いで)



遊び(あそび)

ける



大人(おとな)



なり



けれ



男(をとこ) → 【おとこ】



女(をんな) → 【おんな】



恥ぢかはし(はぢかはし) → 【はじかわし】



あり

けれ



男(をとこ) → 【おとこ】







女(をんな) → 【おんな】



こそ

得(え)





思ふ(おもふ) → 【おもう】《オモー》
  
◆女はこの男をと思ひつつ、親のあはすれども、聞かでなむありける。

女(をんな) → 【おんな】







男(をとこ) → 【おとこ】





思ひ(おもひ) → 【おもい】

つつ

親(おや)



あはすれ → 【あわすれ】

ども

聞か(きか)



なむ → 【なん】

あり

ける


◆さて、この隣の男のもとより、かくなむ、

さて





隣(となり)



男(をとこ) → 【おとこ】



もと

より

かく

なむ → 【なん】


◆筒井筒井筒にかけしまろがたけ過ぎにけらしな妹見ざるまに

筒井筒(つつゐづつ) → 【つついづつ】

井筒(ゐづつ) → 【いづつ】



かけ



まろ



たけ

過ぎ(すぎ)



けらし



妹(いも)

見(み)

ざる






◆女、返し、

女(をんな) → 【おんな】

返し(かへし) → 【かえし】


◆くらべこし振分髪も肩すぎぬ君ならずして誰かあぐべき

くらべ





振分髪(ふりわけがみ)



肩(かた)

すぎ



君(きみ)

なら



して

誰(たれ)



あぐ

べき


◆など言ひ言ひて、つひに本意のごとくあひにけり。

など

言ひ(いひ) → 【いい】

言ひ(いひ) → 【いい】



つひに → 【ついに】

本意(ほい)



ごとく

あひ → 【あい】



けり


◆さて、年ごろ経るほどに、女、親なく、頼りなくなるままに、もろともに言ふかひなくてあらむやはとて、河内の国高安の郡に、行き通ふ所出で来にけり。

さて

年ごろ(としごろ)

経る(ふる)

ほど



女(をんな) → 【おんな】

親(おや)

なく

頼り(たより)

なく

なる

まま



もろともに

言ふかひなく(いふかひなく) → 【いうかいなく】《ユーカイナク》



あら

む → 【ん】

やは





河内の国(かふちのくに) → 【こうちのくに】《コーチノクニ》

高安の郡(たかやすのこほり) → 【たかやすのこおり】



行き通ふ(いきかよふ) → 【いきかよう】《イキカヨー》

所(ところ)

出で来(いでき)



けり


◆さりけれど、このもとの女、悪しと思へるけしきもなくて、出だしやりければ、男、異心ありてかかるにやあらむと、思ひ疑ひて、前栽の中に隠れゐて、河内へ往ぬる顔にて見れば、この女、いとよう化粧じて、うちながめて、

さり

けれ







もと



女(をんな) → 【おんな】

悪し(あし)



思へ(おもへ) → 【おもえ】



けしき



なく



出だしやり(いだしやり)

けれ



男(をとこ) → 【おとこ】

異心(ことごころ)

あり



かかる





あら

む → 【ん】



思ひ疑ひ(おもひうたがひ) → 【おもいうたがい】



前栽(せんざい)



中(なか)



隠れゐ(かくれゐ) → 【かくれい】



河内(かふち) → 【こうち】《コーチ》



往ぬる(いぬる)

顔(かほ) → 【かお】

にて

見れ(みれ)







女(をんな) → 【おんな】

いと

よう《ヨー》

化粧じ(けさうじ) → 【けそうじ】《ケソージ》



うちながめ




◆風吹けば沖つ白波たつた山夜半にや君がひとりこゆらむ

風(かぜ)

吹け(ふけ)

ば 

沖(おき)



白波(しらなみ)

たつた山(たつたやま)

夜半(よは) → 【よわ】





君(きみ)



ひとり

こゆ

らむ → 【らん】


◆とよみけるを聞きて、限りなくかなしと思ひて、河内へも行かずなりにけり。



よみ

ける



聞き(きき)



限りなく(かぎりなく)

かなし



思ひ(おもひ) → 【おもい】



河内(かふち) → 【こうち】《コーチ》





行か(いか)



なり



けり


◆まれまれかの高安に来てみれば、初めこそ心にくくもつくりけれ、今はうちとけて、手づからいひがひ取りて、笥子のうつはものに盛りけるを見て、心うがりて行かずなりにけり。

まれまれ





高安(たかやす)



来(き)



みれ



初め(はじ)

こそ

心にくく(こころにくく)



つくり

けれ

今(いま)



うちとけ



手づから(てづから) → 【てずから】

いひがひ → 【いいがい】

取り(とり)



笥子(けこ)



うつはもの → 【うつわもの】



盛り(もり)

ける



見(み)



心うがり(こころうがり)



行か(いか)



なり



けり


◆さりければ、かの女、大和の方を見やりて、

さり

けれ







女(をんな) → 【おんな】

大和(やまと)



方(かた)



見やり(みやり)




◆君があたり見つつを居らむ生駒山雲なかくしそ雨は降るとも

君(きみ)



あたり

見(み)

つつ



居ら(をら) → 【おら】

む → 【ん】

生駒山(いこまやま)

雲(くも)



かくし



雨(あめ)



降る(ふる)

とも


◆と言ひて見出だすに、からうじて、大和人、来むと言へり。



言ひ(いひ) → 【いい】



見出だす(みいだす)



からうじて → 【かろうじて】《カロージテ》

大和人(やまとびと)

来(こ)

む → 【ん】



言へ(いへ) → 【いえ】




◆喜びて待つに、たびたび過ぎぬれば、

喜び(よろこび)



待つ(まつ)



たびたび

過ぎ(すぎ)

ぬれ




◆君来むといひし夜ごとに過ぎぬれば頼まぬものの恋ひつつぞふる

君(きみ)

来(こ)

む → 【ん】



いひ → 【いい】



夜ごと(よごと)



過ぎ(すぎ)

ぬれ



頼ま(たのま)



ものの

恋ひ(こひ) → 【こい】

つつ



ふる


◆と言ひけれど、男住まずなりにけり。



言ひ(いひ) → 【いい】

けれ



男(をとこ) → 【おとこ】

住ま(すま)



なり



けり


■一日も早く現代仮名遣いが分からないレベルからは卒業しましょうね。
他に覚えなければならないことがたくさんあります。
《⇒現代仮名遣いのルール》

■現代語訳・品詞分解や語句・文法などの解説は下記サイトからどうぞ。
《⇒解説サイトへ行く》

Sponsored Links
関連記事
 
カテゴリ
ブログ内検索
全投稿記事
このブログについて
  • Since 2015/11/07